年賀状に関する必要な情報を1ページにまとめてみました。

是非参考にして下さい。

年賀状の買い方

一般的に郵便局で買う人が多いですが、実はコンビニやネット通販でも購入可です。

私がセブンイレブンで買った時は5枚入りだけで1枚ずつのバラ売りはやっていませんでした。

普通年賀ハガキ、インクジェット印刷用、インクジェット写真用と用途に合わせて種類があります。

写真用は一番高いです(1枚83円)。

買いすぎた場合、どうする?

余った年賀ハガキは郵便局で切手、ハガキ等に交換ができます(現金は不可)。

ただし1枚5円(2020年現在)の手数料がかかります。

交換期間は令和2年(2020)7月20日(月)までです。

抽選会はいつ?

大体1月の第三日曜日に抽選会があり、当選者が決まります。

抽選会で当たりの有無を確認して年賀ハガキを交換した方がお得です!

元旦に間に合わせるにはいつまでに出せばいい?

2020年の年賀状を元旦に間に合わせるのには2019年12月25日までが確実です。

それ以降に出しても、まとめて元旦に届く可能性はあります。

優先順位をつけて、大切な人には早めに出すようにしましょう。

2020年のお年玉賞品

特等賞品は東京2020オリンピックご招待!
旅費(交通費、宿泊費)を補填できる旅行券付!
全国どこでも安心ですね。

1等賞品
(A)選べる電子マネーギフト「EJOICAセレクトギフト」(31万円分)
(B)お年玉現金30万円

2等賞品はふるさと小包等。

3等賞品はお年玉切手シート。

詳細はコチラでご確認ください⇒お年玉賞品のご案内 | 日本郵便株式会社

一生に一度、東京五輪のチケット欲しい!

追伸:Eメール、LINE、SNSの普及に伴い、年賀状離れが進んでいますが、古き良き日本文化の1つなので、消滅させたくはないですね。