今巷ではマイクロソフトのインターネットエクプローラーに

脆弱性があり、使用禁止!が話題になっていますね。

ネット、ツイッター、テレビのニュースでもIE脆弱性があるので、

マイクロソフトが対策を発表するまでは代わりの閲覧ブラウザーを使用して下さい!

ここまで注意喚起されるともうIE使うのは止めようかな?と思います。

私の愛用閲覧ソフトはグーグルクロームなので、問題はないのですが、

周りの友人達は今回の脆弱性事件をキッカケにchromeに乗り換える人が増えています!

こうなったらieからchromeに変更したい!

そんな方はこちらのグーグル公式ページからダウンロードして下さい!

たまにメモリー消費してちょっと重くなることはありましたが、

他は全く問題ありません!

もしそのままIEを使い続けるとどうなる?

一番気になるのは警告を無視してそのままIEを使うとどうなるかではないですか?

基本的には普段通り使えるのですが、もしいつも閲覧しているお気に入りサイトが

ハッカーにやられていた場合、危険なプログラムが勝手にダウンロードされて、

自分のPCが遠隔操作(ゾンビPC)されてしまう可能性があります!

または故障、ログインパスワード等の個人情報の流出も考えられます・・・

普段使っている日本人が多い大手サイト ヤフーも

ハッカーにやられることもないとは言い切れません!

急遽日本人ユーザーが対策ソフトを公開したようですが、

ここは素直に他のブラウザーで閲覧した方が絶対にいいです。

ネット初心者は要注意!ヤフーとグーグルの違いではありません!

インターネットを始めたばかりの初心者の方は要注意!

私はヤフー使っているから大丈夫!グーグルだからという意味ではありません!

始めにこのマーク(左の画像を参照)をダブルクリックしていたらダメっていうことです!

勘違いしないようにして下さい!

IE,Chrome以外の代替ブラウザは?

IEとグーグルクローム以外がいい!という方は恐らくFirefox、Opera、Safariという3つの選択肢があるのではないでしょうか?

この3つの中ならFirefoxが利用ユーザーが多く、動きも安定していると思います。

Safariにも脆弱性の噂があるので避けた方がいいでしょう。

いずれにしても代わりの閲覧ソフトをダウンロードするにはIEを使わざるを得ないことをお忘れなく!

マイクロソフトが回避策を提案!でも面倒くさい


ーザーが他のブラウザーに変更するのを避けるためにやっとマイクロソフトは回避策を提示しました。

脆弱性緩和ツール『Enhanced Mitigation Experience Toolkit 』を使い、vgx.dllを無効化する??

知らない専門用語ばかりでよくわからない!!

手っ取り早いのは『インターネットオプション』のセキュリティーゾーンの設定を「高」にすること。

今まで見れたサイトもブロックされる可能性は大!

手動で見たいサイトをブロック除外対象(信用済みサイト)に登録しなければいけない(画像参照)!!

そこまでしてIEを使い続ける理由が見つからない!面倒くさいですね!

重い腰を上げて欠陥修正プログラムを公開

次回5月14日頃予定のアップデートまで欠陥修正プログラムを出さないと言っていたマイクロソフトが急遽脆弱性対応プログラムを公開しました。

早速手動で『コントロールパネル』⇒『システムとセキュリティー』⇒『ウィンドウズ・アップデート』で『セキュリティ更新プログラム KB2964358 』更新!

再起動!これだけ問題が大きく報道されていたらすぐに動かざるを得ないね。

windows7アップデートでディスク内のデーター破壊の不具合発生!?

5月14日にあったウインドウズアップデートで起動ディスク内のデーターが全消滅!という重大な欠陥があることが判明!?

対象はwindows7ユーザーらしいけど、私のPCもwindows7で昨日14日にすでにアップデート適用済み。。

ツイッターではマイクロソフトからの情報があるまで更新しないように!と警報を呼びかけています。。

私には問題はなかったが、一部のユーザーだけ起こりうる事象なのかな??最近、トラブルが多いですね。

【最新】そろそろIE、やめません?マイクロソフトが呼びかけ!

マイクロソフトが異例の呼びかけ!

IEを使うのはやめましょう!

Windows10の標準ブラウザーとなったEdgeへの完全移行を促すため、

だと思いますが、そのEdgeの評判もあまりよくません。

2020年にはWindows7もサービスが終了するし、

マイクロソフトさんのやりたい放題ですね。