インターネットのセキュリティーでノートン製品を使っているのですが、

先日、ノートンからこんなタイトルのメールが届きました・・・

それがコレ!⇒【公衆Wi-Fiスポットを利用される方へ】Wi-Fi利用でまさかの被害に?

【情報を守ろう】Wi-Fi利用時の危険性についてでした。

スポンサーリンク




当然使ったことがあるので、ドキッとしました・・・

実はその前にもWi-Fi暗号化プロトコル「WPA2」で見つかった脆弱性(KRACK)について

というメールが届いていたのですが、完全無視していました。


国内でも無料wifiを提供する場所、施設が増えていますが、

そのセキュリティーは大丈夫なのか?

不安になってきました。

外での公衆wifiは当面使うの止めておこう。

具体的にどんな被害が想定されるのか?

悪意ある第三者が不正アクセスにより、実際にどんな被害があるのか?

※SNS、ネット、インスタ等に未公開のプライベート写真、その他がネットに流出
※盗聴、盗撮の恐れ(カメラを自由に操作)
※パスワード漏洩によるアカウント乗っ取り
※個人情報データーの漏洩でプライバシー侵害、ストーカー被害。

ノートンwifiプライバシーは通信内容を暗号化し、アクセス元をマスキング(隠す)で、

第三者から通信を傍受されることを防ぐと説明がありました。

デメリットが多く、無策では怖いですね・・

海外旅行のため、wifiは必要!

それから数ヶ月後、海外旅行に行くことになりました。

ちょっと長めの休暇なので、ネットを使わないワケにはいきません。

そうなるとホテルでwifiを使うでしょう。


でも、実際にホテルでもカギマークが入っていないwifi設定が多く、

犯罪者が通信の中身を覗ける状態になっています。


現在ノートン製品を使っているので、半額の1,490円で安心を買えます。

それなら買っておこう。


ちなみに詳細は以下のとおり。

ダウンロード1年版(1台)、
通常価格 2,990 円(税抜)⇒税込価格 1,609 円

注)3台用もあります。

後からオン、オフの切り替えができます

実際に買って、使ってみたら、最初の設定は特になく、

オンにするだけだったのでとても簡単でした。


ただし、オンにしてつながるVPN(仮想専用線)が国内ではなく、

海外のVPNなので、国内アクセスの制限がかかっているサイトでは

オフにする必要があります。


後は毎回立ち上げる度に、

『ノートンwifiプライバシーでVPN接続を作成します』

このアプリケーションを信頼できるものとみなします。

という表示が出て、チェックを入れなくてはいけません。

詳細:JP領域に接続中の後、つながる

上部に4つの項目、

左から①VPNをオン、オフにするページ、

②現在のネットワークの確認、

③現在の地域、

④広告追跡ブロック状況があります

年末が一番狙われやすい!

12月はクリスマスを始め、年末年始に向けて、

イベントが多数あり、世界的にも一番商品が売れる繁忙期です。

そのため、ネット犯罪が多発します。


特に海外旅行先では気が緩みがちなので、注意が必要です。

最近のWEBサイトはhttpsで暗号化された通信ができるから

大丈夫と言う人もいますが、犯罪手口は常に進化しています。


あなたの大切な個人情報が詰まっているスマホ、ノートPC。

ネットセキュリティー対策は万全にしませんか?