ヤフーニュースで見つけたこの記事Google、マルウェアと判明した9本のアプリを公式ストアから削除

これはヤバイよ!ヤバイよ!です(出川節)・・汗

なぜならマルウェアを開発している
ロシアのITセキュリティソリューションベンダー会社
Doctor WebはPC/Android向けアンチウイルス『Dr.Web』も
販売しているからです。

どういうことかというと・・

スポンサーリンク



Z会の通信教育タブレットで『Dr.Web』をオススメ

しているからです。

Z会講座に申し込むとスタートセットが届き、
専用タブレットが同封されています。
そのタブレットのセキュリティーソフトとして、
Z会ではDr.Webの利用を奨励しており、
初期設定で、すでにインストールされているのです!!

なんてことでしょう・・汗

事実Z会を利用している
私の友人、知人の間では
大丈夫なのか?

と心配する親が急増していると
話していました。

ちなみに
Dr.Webは14日間の無料期間後、有料版になります。




今回はFacebookユーザーに影響がある?

Doctor Webの9つのアプリ(以下参照)が
Facebookユーザーのパスワードを盗み取るトロイの木馬
として起動していたと発表されています。
Googleも公式Androidアプリ「Google Playストア」から
すでに削除済です。

・PIP Photo
・Processing Photo
・Rubbish Cleaner
・Inwell Fitness
・Horoscope Daily
・App Lock Keep
・Lockit Master
・Horoscope Pi
・App Lock Manager

でも

このセキュリティーソフト、使い続けて大丈夫?

こんな致命的な欠陥があったセキュリティーソフトを
使って、大丈夫なのでしょうか?

現在Z会にも確認中です。
今のところZ会公式ホームページのお知らせには
今回の件は何もアップされていません。

当分様子ですね。

スポンサーリンク