酒を飲むと豹変して、周りに迷惑をかけている!
アルコール依存症かも!?
お酒はもう止めたい!
と悩んでいるあなたへ。

あなたがどんな時、
お酒を飲みたくなるか、知っていますか?

実はどんな時にお酒が欲しくなるかを
分析した法則があります。
それが『HALTの法則』です。

HALTの法則って何?

HALTは4つのワードの頭文字を取ってできた言葉です。

  • H⇒ Hungry(お腹がすいた時)
  • A⇒ Angry (怒った時)
  • L⇒ Lonely (孤独で寂しいと思った時)
  • T⇒ Tired (疲れた時)

何となく、
『あっ、確かにこのタイミングで
飲みたくなるかも!?』
と思うことがありますよね?

ただ私の場合、お腹すいた時は
あまり飲みたいとは思いませんが・・・
基本的には上記のHALTの時で絞れるので、
禁酒対策を立てやすいですよね?

最大の敵はストレス

怒ったり、疲れるのは
ストレスが原因だと思います。

イライラして、
そのストレスを解消しようと
お酒を飲み始める。

職場でのイライラが
溜まりに溜まって、
アフター5に大爆発する!

今本的な問題である
ストレスを取り除かない限り、
深酒しやすい状況が続きます。

孤独も危険!

仕事が終わった後も
特に誰かと会う予定はなし、
近くに仲の良い友達もいない。

職場からそのまま帰宅し、
家飲みで大量飲酒・・・
お酒を飲んでも
孤独である事は解決しません。

積極的に趣味を取り入れたり、
サークル交流等に参加してみるのが、
一番手っ取り早い解決策になります。

意識して人が集まるところに行く、
これだけでも孤独感は薄くなります。

まとめ

お酒を飲んでも問題は解決しません。

昔から言われているように
『酒は飲んでも飲まれるな』
自分の悩みに応じた解決方法を
実践するようにしましょう。