The following addresses had permanent fatal errorsって何?意味は?

メールを書いて、いざ送信!
ボタンをポチっとクリック!
数秒後、受信ボックスに謎の英語が・・・

メールの宛先不明でEメールを送ったけどエラーで戻ることありますよね?

それが『The following addresses had permanent fatal errors』
これから日本語訳の意味を解説します。



<スポンサーリンク>

『The following addresses had permanent fatal errors』の正体

簡単にわかりやすい日本語に訳すと、『送信したメールアドレスは使われていません』の意味になります。

【ここがポイント!】

アドレスが間違っているか、メルアドを変えた可能性があります。
もしメールアドレスは間違っていないのなら、メール送信先の受信ボックスが容量がいっぱいになっている!?
その場合は相手先が容量を増やすか、古いメールを削除するか、いずれかの対応が必要です。

たまにシンプルに『The following is the error message』だけの時もあります。

追伸:翻訳アプリで日本訳を調べても、たまに意味不明になる時があります。

「permanent fatal errors」直訳すると重すぎる!?

仮に直訳すると結構重たい表現になります。
The following addresses⇒『このアドレスは』
had permanent fatal errors⇒『永久的、致命的なエラーがあります』

この単語を知っている人にとっては重く感じるかもしれませんね。

ちなみに『fatal errors』はIT用語でよく使われます。

昔ホットメールや、outlookを使っている時、このメッセージを何度か見たことがあります。



<スポンサーリンク>

【補足】『404 Not Found』『502 Bad Gateway』『500 Internal Server Error』は何?

ネット検索してサイトにアクセスしたら、こんなメッセージがでることがあります。

『502 Bad Gateway』、『500 Internal Server Error』
このエラーは単にアクセス過多で今混雑しているという意味になります。
最近ではシャープさんが新型コロナウイルス用マスクを生産し、抽選専用ページを立ち上げたのですが、アクセス殺到で502 Bad Gatewayが連発しました(汗)・・

『404 Not Found』の場合はこのページは存在しない(削除された)の意味です。

せっかくなので、まとめて覚えておきましょう。

【補足2】chromebook cm 英語で何と言っているの

最近グーグル chromebookのcmでPC,スマホにウイルスが侵入し、エラーウィンドウ(警告)の嵐!
英語で「A serious error has occurred.」という音声メッセージが流れる。
その日本語訳は「深刻なエラーが起きました!」

グーグルクロームならセキュリティー対策も万全!とアピールしています。
参考までに。



<スポンサーリンク>

関連記事



<スポンサーリンク>